京都大学防災研究所地震災害研究部門強震動研究分野

最近の博士論文・修士論文・卒業研究

大学院博士後期課程修了(課程博士)

題名をクリックすると博士論文の要旨を見ることができます

学位授与日 氏名 学位論文題目 指導教員
2015/3/23 久保 久彦 Study on rupture processes of large interplateearthquakes estimated by fully Bayesian sourceinversions using multi period-band strong-motion data -The 2011 Tohoku-oki and the 2011Ibaraki-oki earthquakes-
(周期帯別の強震波形を用いたフルベイジアン震源インバージョンから推定される巨大プレート境界型地震の破壊過程に関する研究−2011年東北地方太平洋沖地震及び2011年茨城県沖地震を例にして−)
(正) 岩田
(副) 浅野
(副)久家
2012/5/23 栗山 雅之 震度情報に基づく長大活断層帯の震源断層のモデル化
−1891年濃尾地震を例として−
(正) 岩田
(副) 堤
2011/3/23 岩城 麻子 Study on Seismic Wave Propagation Characteristics in a Sedimentary Basin and Waveform Inversion for Three-Dimensional Basin Boundary Shape
(堆積盆地内の地震波伝播特性及び3次元盆地境界面形状の波形逆解析に関する研究)
(正) 岩田
(副) 平原
2008/3/24 鈴木 亘 Estimation of Broadband Source Process Based on Strong Motion Modeling
(強震記録モデリングに基づく広帯域震源過程の推定に関する研究)
岩田
2007/3/23 浅野 公之 Study on Strong Motion Generation Based on Detailed Analysis of Earthquake Source Rupture Process
(震源破壊過程の詳細な分析に基づく強震動生成に関する研究)
岩田
2004/3/23 Cesar Aaron Moya Two alternative inversion techniques for the determination of seismic site response and propagation-path velocity structure: spectral inversion with reference events and neural networks
(地震動のサイト特性と伝播経路の地下構造を推定するための地震記録を用いた2つのインバージョン手法の開発: スペクトル・インバージョン法とニューラル・ネットワーク)
入倉
2004/3/23 Gülüm Birgören Strong motion simulation of the 1999 earthquakes in western Turkey: Stochastic Green's function technique with characterized source model and phase dependent site resoponse
(1999年トルコ西部に起こった地震の強震動シミュレーション: 特性化震源モデルと位相依存サイト応答を考慮した統計的グリーン関数法)
入倉
2003/3/24 Wenbo Zhang Study on Dynamic Rupture Process and Near Source Strong Motion Simulation
-Case of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, Earthquake-
(断層の動的破壊過程と震源近傍域の強震動シミュレーションに関する研究)
入倉
2003/3/24 三宅 弘恵 Frequency-Dependent Source Heterogeneities for Broadband Ground Motion Simulation
(広帯域強震動シミュレーションを目指した震源の周波数依存不均質特性の解明)
入倉
2002/3/25 Luis Angel Dalguer A Full Dynamic Shear and Tensile Crack Propagation during an Earthquake using a 3D Discrete Element Method
(三次元離散化要素法を用いた地震時の動的せん断および引張クラック伝播)
入倉
2000/3/23 Nelson Pulido Constraints for Dynamics Models of the Rupture from Kinematic Source Inversion
(運動学的震源インバージョンから評価される破壊の動力学モデルのための拘束条件)
入倉
1999/7/23 根本 泰雄 Estimation of the rupture zone from the aftershock distribution immediately after the 1995 Hyogo-Ken Nanbu(Kobe) earthquake using heuristic search
(発見的探索を用いた1995年兵庫県南部地震直後の余震分布と本震破壊域の推定)
入倉
1999/3/23 関口 春子 Source Process Analysis of the 1995 Hyogo-ken Nanbu Earthquake
(1995年兵庫県南部地震の震源過程に関する研究)
入倉
1998/3/23 Jorge Aguirre G. Strong Ground Motion Studies on the 1995 Hyogo-Ken Nanbu earthquake : Nonlinearity in soft soil layers and inversion of the high frequency radiation in the source
(1995年兵庫県南部地震に関する強震動研究:軟弱地盤の非線型性と高周波発生震源のインバージョン)
入倉
1997/5/23 畑山 健 Excitation of secondary Love and Rayleigh waves in a three-dimensional sedimentary basin evaluated by direct boundary element method with normal modes
(直接境界要素法を用いた3次元堆積盆地における2次的なラブ波とレーリー波の励起特性の定量的評価)
入倉
1997/3/24 Arben Pitarka Modeling wave propagation in two-and three-dimensional heterogeneous structures and its application in the strong ground motion prediction
(2次元および3次元不均質構造における波動伝播のモデル化および強震動予測へのその応用)
入倉
1996/3/23 青井 真 Boundary Shape Waveform Inversion for Two-Dimensional Basin Structure using Array Data
(境界面形状波形逆解析による2次元盆地構造の推定法に関する研究)
入倉
1995/3/23 筧 楽麿 Study on the rupture process of large earthquakes by the envelope inversion of acceleration seismograms
(加速度記録のエンベロープ・インバージョンによる大地震の破壊過程に関する研究)
入倉
1989/3/23 岩田 知孝 A Study of Earthquake Source Characteristics from High-Frequency Strong Ground Motions
(高周波数強震動から推定される地震の震源特性に関する研究)
入倉

大学院修士課程修了

題名をクリックすると修士論文の要旨を見ることができます

年度 氏名 論文題目 指導教員
2016 下村 智也 強震波形を用いたレシーバ関数から推定される京都盆地の基盤深度 (正) 岩田
(副) 浅野
(副) 関口
2015 田中 宏樹 阪神地域の地震記録においてS波到達から繰り返し見られる特徴的な後続波群 (正) 岩田
(副) 浅野
(副) 関口
2014 田中 美穂 地震時における複数の断層間の動的なトリガリング
―2011年福島県浜通りの地震と2010年Darfield(ニュージーランド)地震―
(正) 岩田
(副) 浅野
(副) 堤
2013 佐藤 佳世子 2011年東北地方太平洋沖地震本震及び最大余震における大阪堆積盆地での長周期地震動
<<地球惑星科学専攻修士論文賞受賞>>
(正) 岩田
(副) 浅野
(副) 久家
2010 瀧口 正治 茨城県沖で繰り返し発生する海溝型大地震の広帯域強震記録を用いた震源過程の推定と比較
<<地球惑星科学専攻修士論文賞受賞>>
(正) 岩田
(副) 浅野
2009 木村 美帆 KiK-net一関西観測点における強震時および弱震時の表層地盤の震動特性 (正) 岩田
(副) 浅野
2009 染井 一寛 コーダスペクトル比法による内陸地殻内地震系列の応力降下量の推定 (正) 岩田
(副) 浅野
2007 岩城 麻子 大阪堆積盆地における長周期地震動特性 岩田
2006 白川 智香子 3次元小スパンアレイ地震観測記録を用いた京都盆地東端部の地震動特性評価 岩田
2004 鈴木 亘 強震記録モデリングに基づくプレート境界地震の震源特性
〜十勝・釧路沖の地震の解析〜
岩田
2003 浅野 公之 2002年アラスカ・デナリ地震の震源過程と強震動特性の評価 入倉
2002 奈川 泰久 2000年鳥取県西部地震において大分堆積盆地で観測された長周期(5-10s)地震波のシミュレーション 入倉
2000 松元 康広 経験的グリーン関数を用いたエンベロープインバージョンにおける小地震選択の影響 入倉
2000 八木 政彦 京都盆地南東端部の地震動特性およびその地下構造
−地中地震計を用いた評価−
入倉
1999 三宅 弘恵 強震記録の時間・周波数領域の解析に基づく内陸地殻地震の震源の特性化 入倉
1998 丸尾 儀幸 兵庫県南部地震の余震記録を用いた神戸市東部のサイト増幅特性の評価 入倉
1997 Cesar Aaron Moya 大阪盆地地域における地震波伝播特性とサイト増幅特性及び兵庫県南部地震の余震の 震源パラメターに関する研究 入倉
1996 中川 博 1995年兵庫県南部地震系列の震源パラメター 入倉
1995 稲葉 進 和歌山市直下の地殻浅部で発生する地震に見られる特徴的な後続波 松波
1995 関口 春子 強震動記録を用いた兵庫県南部地震における神戸地域の地下断層の位置推 定と震源過程の波形インバージョン 入倉
1994 Jorge Aguirre G. 経験的グリーン関数法を用いた強震動による地盤の非線型応答の時間歴解析 入倉
1994 山本 みどり 釧路地方気象台における強震動と弱震動に対するサイト特性の評価 入倉

学部卒業 (課題研究)

年度 氏名 研究題目
2012 田中 美穂 強震波形記録を用いた2011年4月11日福島県浜通りの地震の震源過程の推定
2008 瀧口 正治 経験的グリーン関数法を用いた2008年5月8日の茨城県沖の地震 (MJ7.0)の震源過程の推定
2005 岩城 麻子 大阪堆積盆地における長周期地震動特性
2004 森 勇人 2004年新潟県中越地震震源域の強震動観測点におけるサイト特性評価
2002 鈴木 亘 強震記録より推定される2002年11月3日の宮城県沖の地震(Mj=6.1)の震源過程
2001 浅野 公之 強震記録を用いたスラブ内地震の震源モデルの推定
2000 奈川 泰久
(立命館大)
2000年鳥取県西部地震(Mw 6.7)の気象庁マグニチュード(MJ 7.3)の考察
2000 四宮 義森 強震動と弱震動での地盤震動特性の比較
〜2000年鳥取県西部地震の震源近傍記録を用いて〜

Valid XHTML 1.1