京都大学防災研究所地震災害研究部門強震動研究分野

2018年11月30日更新 / 2014年4月1日以降の訪問数 access counter

八代平野における微動アレイ観測

八代平野における微動アレイ観測
平成28年熊本地震を踏まえた総合的な活断層調査(2016~2018年度、代表機関:九州大学大学院理学研究院)の調査研究活動の一環として、所内他研究室及び他大学、研究機関と合同で八代平野において微動アレイ観測を実施しました。 表層から地震基盤までの堆積層S波速度構造の情報を取得することを目指して、八代平野内22地点においてアレイ観測を実施しました。 写真は、現地での微動観測の実施風景です。 微動計(速度型地震計)を地面に置いて、地盤を伝わる振動(微動)を測定しています。 得られた微動波形をアレイ解析することで、周波数毎の位相速度(分散曲線)を求めることができます。 (2017/8/27撮影)

第29回公開講座

2018年度京都大学防災研究所公開講座(第29回)
2018年度京都大学防災研究所公開講座(第29回)「災害を知り、災害に備える 九州の近年の災害とこれから」を、10月2日(火)に、福岡市中央区のアクロス福岡で開催します。 当研究室からは2016年熊本地震に関連する話題についてお伝えいたします。 詳細は公開講座の公式ページをご覧ください。
日時: 平成30年10月2日(火)10:00~17:00
会場: アクロス福岡 4階 国際会議場(福岡県福岡市中央区天神1-1-1)

2016年熊本地震本震の断層近傍地震動

2016年熊本地震に関する研究
2016年熊本地震と一連の地震活動に関する研究成果はこちらをごらんください。

最近の話題

2018.10.27
地球惑星科学専攻大学院入試相談会
2018.10.2
2018年度京都大学防災研究所公開講座(第29回)「災害を知り、災害に備える 九州の近年の災害とこれから」(福岡市・アクロス福岡)
2018.9.27
三宅弘恵先生(東京大学)集中講義
2018.9.18
第55回自然災害科学総合シンポジウム(京都大学宇治おうばくプラザ)
2018.6.19
2018年6月18日大阪府北部の地震に関する情報
2018.6.2
2016年4月1日熊野灘の地震の震源モデルに関する論文がBSSAで出版されました。
2018.6.2
地球惑星科学専攻大学院入試説明会(京都会場)午後は、宇治の研究室を見学できます。ぜひお越しください。
2018.5.20
地球惑星科学専攻大学院入試説明会(幕張メッセ国際会議場)
2018.3.8
活断層で発生する大地震による地表地震断層近傍地域の強震動予測と地震被害想定の高度化に関する研究集会
過去の話題

定例のセミナー

最近の主な地震

受託研究

第29回公開講座

国立大学法人京都大学 防災研究所 地震災害研究部門 宇治地区事務部

Google
WWW を検索 sms.dpri.kyoto-u.ac.jp を検索 dpri.kyoto-u.ac.jp を検索 kyoto-u.ac.jp を検索