京都大学防災研究所地震災害研究部門強震動研究分野

2013年の研究成果 (論文発表)

査読付学術雑誌論文

Kubo, H., K. Asano, and T. Iwata (2013).
Source-Rupture Process of the 2011 Ibaraki-oki, Japan, Earthquake (Mw 7.9) Estimated from the Joint Inversion of Strong-Motion and GPS Data: Relationship with Seamount and Philippine Sea Plate, Geophys. Res. Lett., 40, 3003-3007, doi:10.1002/grl.50558. [Link]
Kuriyama, M., H. Sato, and T. Iwata (2013).
Examination of source fault model for the Gifu-Ichinomiya fault based on the seismic intensity data , Earth Planets Space, 65, 1449-1462. [Link]
松本俊明・久田嘉章・永野正行・野津 厚・浅野公之・宮腰 研・田邉朗仁 (2013).
強震動予測手法に関するベンチマークテスト:理論的手法の場合(その3), 日本建築学会技術報告集, 19(41), 71-76. [Link]

その他論文

浅野公之・岩田知孝・関口春子・宮腰 研・西村利光 (2013).
大阪堆積盆地における微動H/Vスペクトルの多点観測による盆地速度構造モデルの検証, 京都大学防災研究所年報, 56B, 117-129. [Link]

Valid XHTML 1.1