京都大学防災研究所地震災害研究部門強震動研究分野

2009年の研究成果 (論文発表)

査読付学術雑誌論文

Asano, K. and T. Iwata (2009).
Source rupture process of the 2004 Chuetsu, Mid-Niigata prefecture, Japan, earthquake inferred from waveform inversion with dense strong-motion data, Bull. Seism. Soc. Am., 99, 123-140. [Link]
浅野公之・岩田知孝・岩城麻子・栗山雅之・鈴木 亘 (2009).
地震および微動観測による石川県鳳珠郡穴水町における地盤震動特性, 地震第2輯, 62, 121-135. [Link]
岩城麻子・岩田知孝・関口春子・浅野公之・吉見雅行・鈴木晴彦 (2009).
大分平野における想定南海地震による長周期地震動のシミュレーション, 地震第2輯, 61, 161-173. [Link]
岩田知孝 (2009).
強震動予測のための特性化震源モデル, 地震第2輯, 61, S425-S431. [Link]
木村美帆・浅野公之・岩田知孝 (2009).
鉛直地震計アレイデータを用いた強震動と弱震動の地盤震動特性の比較 -柏崎刈羽原子力発電所構内における2007年新潟県中越沖地震とその前後の地震の記録を対象として-, 地震第2輯, 62, 61-65. [Link]
Opršal, I., C. Matyska, and K. Irikura (2009).
The source-box wave propagation hybrid methods: general formulation and implementation, Geophys. J. Int., 176, 555-564. [Link]
Suzuki, W. and T. Iwata (2009).
Broadband seismic wave radiation process of the 2000 Western Tottori, Japan, earthquake revealed from wavelet domain inversion, J. Geophys. Res., 114, B08302, doi:10.1029/2008JB006130. [Link]

Proceedings

岩田知孝・岩城麻子 (2009).
地下構造モデル及び震源モデルの差が大阪の長周期地震動予測に及ぼす影響, 第37回地盤震動シンポジウム論文集, 82-88. [Link]

書籍

岩田知孝(分担執筆)(2009).
最新の地盤震動研究を活かした強震波形の作成法, 日本建築学会, 164pp. [Link]

Valid XHTML 1.1