京都大学防災研究所地震災害研究部門強震動研究分野

2006年の研究成果 (論文発表)

査読付学術雑誌論文

Asano, K. and T. Iwata,
Source process and near-source ground motions of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture earthquake, Earth Planets Space, 58, 93-98, 2006. [Link]
長郁夫・鶴来雅人・香川敬生・岩田知孝,
広帯域強震動評価のための堆積層深部地盤速度構造のモデル化−大阪堆積盆地のサイト増幅スペクトルに着目して−, 日本地震工学会論文集, 6(4), 113-132, 2006. [Link]
Suzuki, W. and T. Iwata,
Source model of the 2005 west off Fukuoka prefecture earthquake estimated from the empirical Green's function simulation of broadband strong motions, Earth Planets Space, 58, 99-104, 2006. [Link]
Zhang, W., T. Iwata, and K. Irikura,
Dynamic simulation of a dipping fault using a three-dimensional finite difference method using nonuniform grid spacing, J. Geophys. Res., 111, B05301, doi:10.1029/2005JB003725, 2006. [Link]

その他論文

岩田知孝,
強震動研究, 月刊地球, 28, 179-185, 2006.
鈴木亘・岩田知孝,
経験的グリーン関数法を用いた2004年紀伊半島南東沖地震前震の震源モデル, 月刊地球, 号外55「巨大地震による長周期地震動とその対応策−予測と今後の対応策−」, 92-97, 2006.
鈴木亘・岩田知孝,
経験的グリーン関数法を用いた想定東南海地震の強震動予測, 月刊地球, 号外55「巨大地震による長周期地震動とその対応策−予測と今後の対応策−」, 161-167, 2006.
山中浩明・元木健太郎・瀬尾和大・福元俊一・高橋寿幸・山田伸之・浅野公之・岩田知孝,
2004年新潟県中越地震の余震観測と微動観測, 月刊地球, 号外53「2004年新潟県中越地震」, 172-177, 2006.

Proceedings

井上公・岩田知孝・中野優・熊谷博之・宮川幸治・山品匡史・石田瑞穂・青井真・森川信之・プリハルジャディ,
2006年5月26日ジャワ島中部地震の震源モデル, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 82-85, 2006.
Iwata, T., K. Asano, and W. Suzuki,
Source model of the 2005 West off Fukuoka prefecture, Japan, earthquake and its ground motion characteristics in Fukuoka city, Proc. 3rd Int. Symp. Effect of Surface Geology on Seismic Motion, Grenoble, 599-606, 2006.
Iwata, T., T. Kagawa, A. Petukhin, and Y. Onishi,
Basin and crustal structure model for strong motion simulation in Kinki, Japan, Proc. 3rd Int. Symp. Effect of Surface Geology on Seismic Motion, Grenoble, 435-442, 2006.
岩田知孝・浅野公之・山田伸之・鈴木亘,
2004年紀伊半島南東沖地震の長周期地震動, 海溝型巨大地震を考える -広帯域強震動の予測2- シンポジウム論文集, 土木学会・日本建築学会巨大地震災害対応共同研究連絡会地震動部会, 57-60, 2006.
Mori, H. and T. Iwata,
Nonlinear site amplification characteristics at strong motion stations during the 2004 Niigata-Ken-Chuetsu earthquake, Japan, Proc. 19th KKCNN Symp. Civil Eng., Kyoto, Japan, 113-116, 2006.
鈴木亘・岩田知孝,
2004年紀伊半島南東沖地震記録を用いた想定東南海地震の強震動シミュレーション, 海溝型巨大地震を考える -広帯域強震動の予測2- シンポジウム論文集,土木学会・日本建築学会巨大地震災害対応共同研究連絡会地震動部会, 75-82, 2006.

書籍・解説

岩田知孝,
震源のモデル化とシナリオ地震の強震動予測, 日本地震工学会誌, 4, 9-11, 2006. [Link]
岩田知孝,
強震動はなぜ生じるのか,地震の揺れを科学する 見えてきた強震動の姿, 山中浩明編, 東京大学出版会, 45-66, 2006. [Link]
岩田知孝,
都市域を襲う破壊的地震の際に、どのような揺れがあるかの予測法, ここまで進んだ日米の都市地震防災, 佐藤忠信・亀田弘行編, クバプロ, 14-22, 2006. [Link]
岩田知孝,
長周期地震動, 文部科学時報, 2006年3月号, 42-43, 2006.

Valid XHTML 1.1