京都大学防災研究所地震災害研究部門強震動地震学分野

1997年の研究成果 (論文発表)

学術雑誌 (査読のあるもの)

Aguirre, J. and K. Irikura,
Nonlinearity, liquefaction, and velocity of soft soil layers in Port Island, Kobe, during the Hyogo-ken Nanbu earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 87, 1244-1258, 1997.
Aoi, S., T. Iwata, H. Fujiwara, and K. Irikura,
Boundary shape waveform inversion for two-dimensional basin structure using three-component array data of plane incident wave with arbitrary azimuth, Bull. Seism. Soc. Am., 87, 222-233, 1997.
Fukushima, Y. and K. Irikura,
Attenuation characteristics of peak ground motions in the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake, J. Phys. Earth, 45, 135-146, 1997.
Kakehi, Y. and K. Irikura.
High-frequency radiation process during earthquake faulting - Envelope inversion of acceleration seismograms from the 1993 Hokkaido-Nansei-Oki, Japan, earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 87, 904-917, 1997.
釜江克宏・入倉孝次郎,
1995年兵庫県南部地震の断層モデルと震源近傍における地震動シミュレーション, 日本建築学会構造系論文集, 500, 29-36, 1997.
神戸・阪神間地下構造調査グループ,
神戸〜阪神間における人工地震を用いた屈折法調査, 東京大学地震研究所彙報, 72, 1-18, 1997.
根本泰雄・根岸弘明・入倉孝次郎,
平成7年(1995年)兵庫県南部地震本震震源の再検討, 地震第2輯, 50, 125-129, 1997.
Pitarka, A., K. Irikura, and T. Iwata,
Modeling of ground motion in Higashinada (Kobe) area for an aftershock of the January 17, 1995, Hyoto-ken Nanbu, Japan, earthquake, Geophys. J. Int., 131, 231-239, 1997.
鶴来雅人・田居優・入倉孝次郎・古和田明,
経験的サイト増幅特性評価方法に関する研究, 地震第2輯, 50, 215-227, 1997.

シンポジウム

入倉孝次郎・岡田篤正・中田高・佐藤比呂志・纐纈一起・工藤一喜・笹谷努・岩田知孝・山下輝夫・宮武隆・釜江克宏・竹中博士・横井俊明・筧楽麿,
活断層を想定した強震動の予測, 第2回都市直下地震災害総合シンポジウム, 1-8, 1997.
岩田知孝・関口春子・ピタルカアーベン・釜江克宏・入倉孝次郎,
1995年兵庫県南部地震時の震度7域の強震動と強震動予測, 第2回都市直下地震災害総合シンポジウム, 101-102, 1997.
岩田知孝・関口春子・ピタルカアーベン・釜江克宏・入倉孝次郎,
1995年兵庫県南部地震時の震度7域の強震動, 日本地震学会強震動委員会強震動シンポジウム「強震動予測による地震災害の軽減をめざして」, 71-74, 1997.

著書・その他の論文

入倉孝次郎,
兵庫県南部地震2周年, 科学, 67, 1, 1997.
松波孝治・章文波,
中国における強震動予測と地震災害の軽減・防御に関する共同研究--唐山地域における強震動観測網--, 京都大学防災研究所年報, 40, IDNDR special issue, 63-77, 1997.