京都大学防災研究所 地震災害研究部門

English

本研究部門は、理学(強震動)・建築(構造物震害)・土木(耐震基礎)の研究室で構成され、地震の揺れから建物や土木構造物の被害までの研究を連携して行っています。 地震で強い揺れに見舞われたとしても、生活に支障を来さない社会を究極の目的とし、地震に対して安全・安心で快適な社会の構築に資する研究を行っています。

強震動研究分野 災害に強い社会づくりのための、大地震時の強震動予測に関する研究を行っています。震源の物理と地震波動論に基づいた震源からサイトに至るまでの強震動の生成、伝播に関する基礎研究を行うとともに、合理的な強震動予測手法の構築に関する研究を行っています。
(教授:岩田知孝、准教授:浅野公之、助教:欠員)
耐震基礎研究分野 地震災害における構造物の被害メカニズムを理解するために地震の発生から構造物の応答までの幅広い領域を対象とした研究を行い、さらに構造物の耐震化へ応用する技術についての研究を行っています。
(教授:澤田純男、准教授:後藤浩之、助教:欠員)
構造物震害研究分野 地盤・基礎を含む建築構造物の地震時挙動を究明するとともに、耐震設計や耐震補強の基本となる構造性能定量化手法の高度化をはかっています。
(教授:松島信一、准教授:欠員)

部門の沿革